スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティーリーフ

ti


ティーリーフは熱帯アジアが原産で、アジア・オーストラリア北部・ポリネシア諸島に広く分布している植物で、緑の葉以外にも、赤やクリーム色、斑入りの葉など多くの品種があり、ハワイのいたる所で容易に目にすることの出来る植物です。

車のバックミラーにティーリーフのレイをかけている車などをみかけたりもします。
ティーリーフには魔よけの意味があるので、お守りとして掛けるのです。

赤のティーリーフは特に魔除けの作用が強いと言われいて、写真のように魔よけの用法のひとつとして、家の周りに赤いティを植えている家を良く見かけます。

この写真はある日のドライブ中、見事に家の周りを取り囲んでいる赤いティーリーフを見かけたので思わず撮ってしまいました。

ティはともて神聖な植物で、今でも、日本での榊の様に、神事でティーリーフを使っています。泳いだり、船を出したりする時に、ティーリーフを水に投げ入れて、葉が浮かんでいればその水に入っても大丈夫、沈んだ時は入ってはいけない、という言い伝えもあります。
また、お供え物を包んだり御清めや魔除けに使ったりしています。レイになるだけではなく、フラダンサーのスカートにも使われています。

それ以外にもハワイでは普段の生活に、ティは欠かせないものです。
料理をするときには、ラウラウやカルアピッグをティーリーフで包んで蒸し焼きにし、食べ物を保存する時はティーリーフで包み、食卓にもティーリーフを敷いてテーブルクロス兼、お皿として使いました。
屋根を葺いたり、サンダルにしたり、うちわや子供の「芝生すべり」のソリにもなります。

薬用としても頻繁に用いられています。
古代から伝わる予防医学、代替療法でもあるロミロミにおいても、頻繁に使用します。
葉は熱を取る効用があるといわれているので、熱が出た病人をティーリーフで包んだりします。
最近では、日焼け後の肌のクールダウンに用いる、スキンケア用品にも使われているようです。
頭痛の時には頭に冷えたティーリーフを巻き、痛みのある患部には熱した石をティーリーフで包んであてます。
また、ティーリーフを煮出したものを飲むと、リラクゼーション効果があると言われます。
ティは細かい無数の花が並んで咲きますが、この花も喘息に効くそうです。

このように現在のハワイでも生活に欠かせないティーリーフ。
ワイキキ周辺などのビルの谷間でも容易に目にすることができると思いますので、ハワイを訪れた際には目を向けてみてくださいね。
スポンサーサイト

レモリアの仲間たち

先週末開催されていましたHonolulu Festival
ワイキキではたくさんの催し物やパレードが行なわれ、日本だけでなく台湾やアボリジニーなど、他の国の参加もありハワイとの文化交流の深さを感じる見事なものでした。
ワイキキで目にする阿波踊りや和太鼓。
ワイキキで見る日本のお祭り風情。
なにはともあれ、ハワイに居る方がいろんな種類のお祭りや日本の文化に触れる事が出来たりする機会がもしかしたら多いのでは?と思うくらい、ワイキキでは様々な催し物があって、その度に各国との文化の交流の深さと、アロハスピリットの寛容さを感じます。
中でもハワイと沖縄文化の交流はとても深いものがあって、島の文化の共通点も多く見受けられますよね。

そんな時、レモリアの伝説を思います。

「レモリア」ってなんだか響きもカワイイですよね~。
個人的に大好きなんですが。笑

ま、そんな個人的な話はさておき、ハワイは、地球の位置から見ると、スピリチュアルなエネルギーが集まるポイントになっているといわれます。

太古の昔、ムー大陸やアトランティス大陸があって、その前にレムリア大陸というものが存在したらしいのですが、そこはとても素晴らしい世界だったそうです。
みんなが空を飛べたり、今では文明の進化と共に衰えてしまった超能力やテレパシーを全ての人間がプラスに使用していて、そして人間同士、争うことを一切せず、愛に満ち溢れた世界だったと言われています。
そして、一晩にしてその大陸が沈んだ時に、唯一残った地がハワイだと言われているのです。

私たちの魂の記憶に刻まれているレムリア大陸、その平和で愛に満ち溢れた世界を懐かしみ、私達の魂が故郷を求めて帰りたくなる場所、それがハワイなのです。

何故かハワイに魅力を感じてしまう。 とか、
ハワイにいると本当に心がホッとする。 とか、
ハワイにいると本来の自分らしさが出てくる。
といった人達、その昔きっとあなたはレムリアにいたのかも知れませんね。
そして私達は前にもこうして語り合っていたのかも知れません。
そう思うと、今世で出会っている人達って、とても縁の深い人達だと思い、そういう縁を大切にしたいな~と思います。

そしてハワイは、特にスピリチュアルなパワーを持った人達が集まりやすい場所でもあります。
やっぱりいいエネルギーに包まれている感じ、守られている感じがします。
何故か元気になる場所・・・。
自分らしく生きられる場所・・・。
それは自分の魂が喜びに満ち溢れ、生きている幸せを感じられる、心の故郷だからなのかも知れません。

私も以前、旅行者としてハワイを毎年訪れていた時、ずっとそう思っていました。
理由もなくハワイに魅力を感じる。
ハワイに来ると心がホッとする。
ハワイに来ると本来の自分らしさを感じる。
海の色も風の音も花の香りも、何もかもが鮮やかに映って、すべての感覚が研ぎ澄まされ魅力的に見える。

ハワイに移り住み、その理由が今ハッキリと解ったように思います。
それは、レモリアの仲間たちに会えたからかも知れません。

日本は今、3人に1人が鬱になるという時代。
心の在り方や魂の故郷を感じることで自分の存在意義や幸せを感じることが出来るかも。

幸せを感じるためにハワイに遊びに来て下さいね!
古のムー大陸の記憶が蘇ってきたり、レモリアの仲間たちに会えるかも知れませんよ。

テーマ : ハワイ生活 - ジャンル : 海外情報

キルティングと瞑想

唐突ですが、副題に、『もひとつのハワイ』と付けてみました。
違った視点から見たハワイを書きたいと思っているので、いつものように思いつきですが。笑
どうでしょう? 笑


さてさて、前置きはさておいて、先日友人がヒルトンハワイアンビレッッジにハワイアンキルトのお店を出したということで訪ねてみました。

moanaquilt

お店の名前は、私と同じ 「Moana Quilts」というお店です。


店内は、彼女の夢だったオリジナルブランドの綺麗なキルトで埋め尽くされています!

moanaquilt3


彼女は、私が「モアナ」というハワイアンネームを授かる以前から、「Moana Gift」というハワイアンジュエリーお店をワイキキで営んでいました。

今は、オリジナルブランドのキルトを中心にアラモアナS.Cのセンターステージ近くのキオスクと、こちらのヒルトンでのお店2軒に絞って、ワイキキのジュエリー店は閉めてしまったのですが、ジュエリーでは随分私もお世話になりました。

moanaquilt1


Yepiとご主人です。
彼女とはもうかれこれ十数年の付き合いになります。あっという間・・・
ワイキキのお店ではいつも夜中近くまで毎日一生懸命働いていた彼女の姿を知っているだけに、彼女の夢だったキルトのオリジナルブランドを実現させて、しかも一流ホテルの中に立派な店を構えた彼女とこの日再会出来たことが、自分のことのように嬉しかった。
そして、一生懸命にやっていたら必ず夢は実現するんだな~と彼女に背中を押された気がしました。
彼女に会うといつもポジティブなパワーをもらえます。

とても信頼出来る人なので、ジュエリーもキルトの品質も信頼出来ますし、ヒルトンに宿泊しなくてもハワイを訪れた際は立ち寄ってみて下さいね~。
ヒルトンハワイアンビレッッジのペンギンのいるアイリタワーが目印です。
カワイイ、ペンギンも見れますよ~♪ ペンギン、マジでカワイかった。。^^
アラモアナS.Cのセンターステージ近くのエスカレーター横にもあります。

ジュエリーのは閉めてしまったそうですが、オーダーは特別に取ってもらえるようなので、自分だけのハアイアンジュエリーが欲しい方は モアナまでご連絡くださいね~。

自分のハワイアンネームが名前が入ったジュエリーを作ってみるのは素敵ですよ~。

ジュエリーのお求めをご希望の方、こちらまでご連絡お待ちしております。
>>>モアナへのメール


さて、話を元に戻しますと、私はまだキルトを作ったことがないのですが、いつか挑戦してみたいと思っています。
キルトも、レイメイキングも、ただの工芸や手芸ではなく、あれは瞑想なんです。
レイメイキングをやってみた時に感じました。
もともと、私は手芸が大の苦手。
中学や高校の工芸の宿題もいつもおばあちゃんが作っていましたし、針を持つと肩も凝るし、目も悪いから細かい作業なんて大っ嫌い!と思ってたし、絶対無理!と完全否定していました。笑
編み物だってしたことない私がどうして挑戦してみたかというと、最初は半分興味でしたが、やはり、トライしてみないで物を申すのは嫌いな性格なので、やってみて体験して、感じたんですね。

こんな細かいこと私には絶対出来ない! 余計イライラしちゃう!


そういう方、結構、多くないですか?
私も、最初はそう思っていました。笑
でも、やってみたら、まったく逆! でした。 笑


ハワイの家では、温かみのある手作りの本物のハワイアン・キルトがベッドに掛けられていたりします。
キルトやレイメイキングがコアの木で出来た上等な額に入って飾ってある場合もあります。
それは、 何千針、何万針も……
「チク、チク、チク、チク」と、家事の間に間に、また仕事の合間に、心を込めて縫い上げたキルトやレイメイキングには深い愛情が込められているから、大切に額に入れて飾ってあるんですね。

手作りのハワイアン・キルトはそれ自体ベッドカバーではなく、特別の集まりの時などにお客様に見せるためにベッドに飾っているのだそうです。

だからベッドに掛けられているハワイアン・キルトには、どんと腰を降ろしてはいけない。尊敬をもって眺めなくてはならない。と言います。

キルトの柄には、良くハワイ語で「ウル」というブレッドフルーツや「タロ」をデザインされています。
これらは、昔、ハワイアンの主食であったもので、家庭に食べ物をもたらすようにという願いが込められてデザインされたのだそうです。
他にも、ハイビスカスやパイナップルなど、ハワイの花や果物のデザインも多く見られます。

ハワイアンキルトもレイメイキングもセラピーだと言います。
私も実際にやってみて、そう感じました。

一針、一針、辛抱強く進めていくこと。
焦らなくても、自分のペースで、『HA』の呼吸を使いながら心を鎮めていく。
一針進めるごとに、自分を、大自然の波動と宇宙の軸に合わせていく。
いついつまでに仕上げなくてはならないとか、いつまでに仕上げようなど考えなくても、仕上がった時が仕上がりで良い。
その一瞬、一瞬を楽しみながら、その「時」を楽しみながら。
日常のいろいろな忙しいことや、心配ごとがあっても
イライラした瞬間や忙しい日常からその瞬間だけでもスイッチをオフにして
針を進めていく一瞬を、ゆったりした気持ちでハッピーな気持ちでいることがとても大切で、
そして、その瞬間、良い場面を考えながらすることが大切だと思った。
愛を持ってすることが大切だと思った。
楽しく、幸せな気持ちですることが大切だと思った。

たとえ、針が綺麗に上手く進まなくても、自分のペースで、楽しみながら、
自分の形を作り上げていくのは、まさにセラピーだと感じました。

完成した時、必ず大きな達成感と、深い愛情を感じて、心地良い安らぎを得られるに違いない。
でしょう。

それが、ハワイの大自然の中から生まれた、真のキルトやレイメイキング。
なのだと思いました。

フラやロミロミ同様、それらがただのお土産品で無いことを感じてもらえたら、きっと心に温かな安らぎを感じられることでしょう。

キルトやレイメイキング、ぜひ、トライてみてくださいね。
細かい作業も、忍耐のいる作業も、自分の心が、安らぎをもたらしてくれるものなのですね。


テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

傷跡

stone


先日お知らせした、バースストーンの傷跡です。
心が痛みますね。。



チャントの祈り


ヘイアウへ入る前にはチャントを唱えます。
唱える、と言いますが、チャントを聞いたことのない方は歌を歌っているようなイメージをしてください。

言葉の持つバイブレーションを、自然の風や海の波の音にブレンドさせるように大自然の波動と繋げ、大自然の神々に感謝の気持ちを表しその地へ踏み入ることの許しを得ます。
とても神聖な気持ちになります。
無限の愛を与えてくれる大自然に感謝の気持ちを表すことで私たちはマナの恵みと大自然の恩恵を最大限に受けることが出来るでしょう。

ヘイアウにある石には今でも強いマナが宿っており大切に守られています。
決して動かしたり持って帰ったりしてはいけない。と言われています。


先日、オアフ島のバースストーンを訪れたのですが、大きな石に落書きどころか鋭い刃物のようなものでしっかりと刻み込まれてされていて、自分の体を傷付けられたようにショックでした。

何も知らなければ、ただの大きな石にしか見えないのでしょう。
目には見えないものを敬う気持ち、感謝する気持ちを持ってこそ、その石がどのような存在であるのか感じ、体にも心にもマナを吸収し、理解することが出来るのだと思います。
そして、終いてはどんな物事でも真実を見抜く力が与えられるのだと思います。

大切なハワイの文化を守るためにも、そして、多くのこの地を訪れる人々にマナの効果が最大限に生かされる様に、ぜひしっかりとした知識の啓蒙していくことがとても大切と感じました。

ハワイを訪れるみなさん、どうかその気持ちを忘れないでくださいね。
私たちの大好きなハワイの大地を、みんなの地球を、私たちの力で守りましょうね。


こういうことがこれからは起こらないように祈ります。

テーマ : ハワイ生活 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。