スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティーリーフ

ti


ティーリーフは熱帯アジアが原産で、アジア・オーストラリア北部・ポリネシア諸島に広く分布している植物で、緑の葉以外にも、赤やクリーム色、斑入りの葉など多くの品種があり、ハワイのいたる所で容易に目にすることの出来る植物です。

車のバックミラーにティーリーフのレイをかけている車などをみかけたりもします。
ティーリーフには魔よけの意味があるので、お守りとして掛けるのです。

赤のティーリーフは特に魔除けの作用が強いと言われいて、写真のように魔よけの用法のひとつとして、家の周りに赤いティを植えている家を良く見かけます。

この写真はある日のドライブ中、見事に家の周りを取り囲んでいる赤いティーリーフを見かけたので思わず撮ってしまいました。

ティはともて神聖な植物で、今でも、日本での榊の様に、神事でティーリーフを使っています。泳いだり、船を出したりする時に、ティーリーフを水に投げ入れて、葉が浮かんでいればその水に入っても大丈夫、沈んだ時は入ってはいけない、という言い伝えもあります。
また、お供え物を包んだり御清めや魔除けに使ったりしています。レイになるだけではなく、フラダンサーのスカートにも使われています。

それ以外にもハワイでは普段の生活に、ティは欠かせないものです。
料理をするときには、ラウラウやカルアピッグをティーリーフで包んで蒸し焼きにし、食べ物を保存する時はティーリーフで包み、食卓にもティーリーフを敷いてテーブルクロス兼、お皿として使いました。
屋根を葺いたり、サンダルにしたり、うちわや子供の「芝生すべり」のソリにもなります。

薬用としても頻繁に用いられています。
古代から伝わる予防医学、代替療法でもあるロミロミにおいても、頻繁に使用します。
葉は熱を取る効用があるといわれているので、熱が出た病人をティーリーフで包んだりします。
最近では、日焼け後の肌のクールダウンに用いる、スキンケア用品にも使われているようです。
頭痛の時には頭に冷えたティーリーフを巻き、痛みのある患部には熱した石をティーリーフで包んであてます。
また、ティーリーフを煮出したものを飲むと、リラクゼーション効果があると言われます。
ティは細かい無数の花が並んで咲きますが、この花も喘息に効くそうです。

このように現在のハワイでも生活に欠かせないティーリーフ。
ワイキキ周辺などのビルの谷間でも容易に目にすることができると思いますので、ハワイを訪れた際には目を向けてみてくださいね。
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。